顎ニキビとストレスって本当に関係あるの?仕組みと対策を徹底解説

6baca71e3f87c4e0fc22c4e2abf18405_s

顎ニキビの大きな原因として、「ストレス」はよく耳にしますよね。顎ニキビはできているけれど、ストレスを感じていないのに…という方もいます。

今回はそんな、ストレスにピンときていない方に読んでもらいたい、顎ニキビとストレスの関係を解説していきます。

原因は1つじゃない!ストレスの種類

ここでは、ストレスを大きく4つの種類に分けてご紹介します。顎ニキビなど、身体の不調が表れるのは、ストレスの各種類が許容量を超えてしまった時になります。

許容量というのは、人によってバラバラで、ストレス自体の自覚症状にも個人差があります。そのため、「ストレスを感じていないのに、不調の原因がストレスだった」という場合があるのです。

物理的ストレス

温度や湿度、気候の変化や、騒音などが原因のストレスです。季節の変わり目や、熱さや寒さによるものが多くあります。長距離通勤や長時間労働などの、肉体的ストレスもこれに含みます。

化学的ストレス

空気汚染や、タバコやお酒の依存症によるイライラなどがあてはまります。

生物的ストレス

感染や炎症によるストレスになります。例えば、風邪や花粉症の症状が体にあらわれることがストレスになります。

心理的ストレス

人間関係や仕事の悩み、不安感や恐怖、怒りや悲しみを強く感じることがストレスとなります。ストレスの代表的なものとされています。

ストレスとニキビの仕組み

ストレスがどのように身体に影響し、顎ニキビの原因となるのかを説明します。

過剰な皮脂を作り出す

ストレスは、ホルモンバランスを崩すため、肌に皮脂を過剰に分泌します。

ストレスを受けると身体を守るために、抗ストレスホルモンというものが内臓の副腎から作り出されます。このホルモンには、男性ホルモンを増やす作用があり、それまでのホルモンバランスを乱します。

とくに男性ホルモンは、肌の皮脂分泌を促すため、汚れとともに、皮脂が毛穴に溜まりやすくなります。

美肌を作るビタミンCが減少

さらに抗ストレスホルモンを作りだすためには、体内に取り込んだビタミンCが必要となります。美肌の栄養素でもあるビタミンCは、抗ストレスホルモンのため、肌に届く前に消費されてしまいます。

ビタミンCが不足した肌は、バリア機能が低下し、ニキビの出来やすい肌状態となります。

脳と体の緊張状態が続く

緊張を感じると、身体が固くなることはありませんか?強いストレスを感じると、筋肉のこわばりがあったり、喉が渇くといった症状が表れます。

強いストレスを受けている身体は、交感神経が働いています。

便秘

内臓では、老廃物を排出する腸の動きが鈍くなります。老廃物である便が溜まり、便秘になります。腸内環境は悪化し、悪玉菌が増え、毒素が発生します。

その毒素は血流にのり、解毒・代謝機能のある肝臓に運ばれます。しかし、腸からの毒素が運ばれ続けると、肝臓で対処しきれなくなり、そのまま毒素が全身に巡ります。

顎ニキビは、その毒素が肌に排出されたものです。顎ニキビがしこり状に、肌の奥に膿が溜まることがあるのはこのためです。

不眠

ストレスを感じると、交換神経が優位になり、脳からノルアドレナリンという、興奮作用の神経伝達物質が分泌されます。

強いストレスを感じたままだと、脳はノルアドレナリンを分泌し続け、不眠を招きます。不眠による睡眠不足もまた、物理的にも心理的にもストレスとなります。

腸は眠っている間や、リラックス状態で働くため、不眠状態が続くことも便秘の原因となります。

顎ニキビを作らせない!ストレス対策

顔の下半分に出来るニキビは、男性ホルモンの影響を強く受けます。ストレスによる毒素と、過剰な男性ホルモンの発生を抑えることで、顎ニキビを原因から対策しましょう

睡眠

ストレスによる不眠を解消して、充分な睡眠をとることで、ストレスの解消につながります。充分な睡眠というのは、睡眠時間6時間以上が基本で、熟睡することが大切です。

寝始めから3~4時間は熟睡する

熟睡するのは、寝始めから3~4時間がベスト。なぜなら、日中にダメージを受けた、肌や身体の細胞を修復する成長ホルモンが、最も活発に分泌される時間だからです。

そのためには入眠前の準備が大切です。

・夕食は入眠3時間前に済ませておく
・入浴は入眠2時間前に済ませる
・スマートフォンやパソコン、テレビは入眠2時間前に電源を切る

脳と身体がリラックスした状態で入眠できるように、こころがけましょう。

体に毒素を溜めこまない

体内の毒素の循環と排出を促しましょう。毒素は腸に溜まり、それが血流に乗って、全身を巡ります。腸の活動を促し、血液中の毒素は血流改善で排出させます。

適度な運動

適度な運動は、血流を上げて、血液中の毒素を循環、排出させます。ニキビの元となる皮脂を汗と一緒に押し出すこともできます。

ストレス対策の面でも、運動は有効です。身体に負担のかからない程度の有酸素運動は、リラックス状態の副交感神経が働きます。そのため、緊張状態にあった腸の活動も促し、末端の毛細血管を開かせ、血流を改善し毒素を排出します。

運動で汗をかいたら、すぐにふき取り、肌を清潔な状態を保つように気を付けましょう。

腸内デトックス

腸内環境を正常化させ、便秘解消するには、毎朝コップ1杯の水を飲むことを習慣にしましょう。

朝一番にコップ1杯の水を、一気に飲みましょう。冷水でも温水でも、自分の飲みやすい水で大丈夫です。一気に水分を補給することで、胃から腸を刺激し、腸内環境を整え、毒素を排出します。

腸のデトックス方法はほかにもありますが、人によってお腹を壊すこともあり、新たなストレスになる場合もあります。

一度の大きな刺激ではなく、少しの刺激で毎日腸が働くよう、ケアしましょう。

顎ニキビを繰り返さないためのストレスケアを

顎ニキビは、肌をどんなにケアして治しても、繰り返しできる場合があります。顎ニキビ対策をあれこれ試して、物理的にも心理的にもストレスになっている場合もあります。

そんな悩みがある人は、知らず知らずのうちに、ストレスを溜めこんだ身体になっているのかもしれません。

ストレスや老廃物は、毎日の生活でどうしても発生するものです。上手に循環させて、身体をケアすることが大切です。

ストレスは皮脂バランスに影響を与えるため、ためこまないことが大切です。
趣味にうちこんだり、適度な運動を行うなど、自分に合ったストレス発散方法を見つけ顎ニキビの原因を解決しましょう。
顎ニキビのことなら>>顎ニキビの原因は?(´・ω・`)皮膚科の前にできる改善方法まとめ

毎日続けれられる、無理のないケアから実践してみましょう。

顎だけじゃない!背中ニキビにも困っている人は背中ニキビの石鹸もあるので、試してみてください。

Comments are closed.